街に咲かせる花絵巻。
街をキャンバスに、街を活かす。
アフターコロナに向けて時代を刷新(アップデート)するため
日本の中心、行幸通りから東京の新しい感動が始動します。

  • 【ご挨拶】藤川靖彦

藤川靖彦
一般社団法人花絵文化協会
代表理事

一般社団法人花絵文化協会は、世界に誇れる文化、アートを、東京から発信するコンテンツとして「TOKYO FLOWER CARPET 2022(トウキョウ・フラワー・カーペット2022)」を、東京丸の内の行幸通りで開催します。
「TOKYO FLOWER CARPET 2022」では、江戸時代に一世を風靡した浮世絵師 歌川国貞(三代目豊国)が描いた歌舞伎絵(役者絵)を、50,000本のカーネーションを使い、巨大な花絵「花歌舞伎」として現代に甦らせ、行幸通りが花の絨毯で敷きつめられます。

「TOKYO FLOWER CARPET 2022」は、東京都の大規模文化事業助成の一環として開催され、世界に誇れる文化、アートを、東京から発信することを狙いとし、日本、そして東京の中心である行幸通りから、これまで体験したことのない、東京の新しい感動を発信していきます。
花絵は市民参加者みんなでつくる参加型のアートです。「TOKYO FLOWER CARPET 2022」では、事前に募集した200名の市民参加者とともに、48㎡(6m×8m)の巨大な花の歌舞伎絵を5枚つくります。作品テーマは“トウキョウ リスタート”。コロナ収束への期待が膨らむ2022年。新しい出会いと発見。新しい希望、感動そして喜び。時代を刷新(アップデート)するための合言葉“トウキョウ リスタート”を掲げ、今春東京から始動します。

「TOKYO FLOWER CARPET 2022」でつくる花歌舞伎作品は、江戸時代、一世を風靡した浮世絵師 歌川国貞(三代目豊国)の代表作「今様押繪鑑」シリーズから、竹抜五郎・白拍子櫻子・快童丸等の5作品を選び、花絵作品用にリデザインしました。

また今回使用した花は再資源化を行い、再生紙による「お花のスケッチブック」として生まれ変わります。「お花のスケッチブック」は、障がい児童のアートエデュケーション支援として、東京都の特別支援学校に寄贈しています。この活動は2018年よりスタートし、現在までに8,000冊のスケッチブックを、東京都立の特別支援学校57校に寄贈しました。そしてこの「お花のスケッチブック」に描かれた絵は、再び花絵として描かれ、また「お花のスケッチブック」として生まれ変わります。

「TOKYO FLOWER CARPET 2022」は、寬仁親王妃信子殿下を名誉総裁にお迎えし、多くの市民参加者とともに、東京ならではの美しい花の絨毯を“行幸通り”に敷きつめます。「TOKYO FLOWER CARPET 2022」は、“トウキョウ リスタート”の旗手として、東京に新しい感動を生み出し、2022年以降も継続開催を目指し、東京の新しい観光文化として育成していきます。

  • 【スペインあいさつ】

Coordinadora Internacional de Entidades de
Alfombristas de Arte Efimero 会長
Vicenta Pallarès Castelló,
presidenta de CIDAE
Creu de Sant Jordi

トウキョウ・リスタート(TOKYO RESTART)

3月19日から21日にかけて、東京の街である壮大なイベントが催されます。TOKYO FLOWER CARPETという素晴らしいアイデアのもと、東京で最も重要な通りの一つである行幸通りは花の庭園と化し、日本の伝統芸能・歌舞伎をモチーフにした花歌舞伎作品が花絵巻のように敷き詰められるのです。この偉大なプロジェクトは私たちの同士であり友人でもある藤川靖彦(Yasu)が考案・監修するもので、とりわけコロナの影響を受けた人々へ捧げられる連帯の証でもあります。

国際連盟(La Coordinadora Internacional)の花絵師たちはパンデミックの最中でも活動を続けており、Yasuが創案するこのような大規模なイベントはそんな私たちに大きな喜びをもたらしてくれます。トウキョウ・リスタートは皆が憂鬱な気分や閉塞感から抜け出すきっかけとなるでしょう。約600㎡もの花絵の制作にかかわることは、参加者たちにとって楽しい、そして充実感を感じられる経験となると思います。また、その芸術性がもたらす平和・美・色彩のメッセージは訪れる人々の心に喜びを与えてくれることでしょう。

Yasuが東京や世界の様々な街で披露する花絵は、いつも彼の文化的ルーツを表現しつつ何等かのメッセージや感情を伝える芸術作品です。今回Yasuは彼の人道的、連帯的そして普遍的な側面を見せてくれることになるでしょう。それは私たち花絵師が愛情や友情とともに共有する価値観でもあります。
皆さんどうかこのデザインと花と美の一大イベントを見逃さないでください。
おめでとうYasu、きっと成功するものと信じています。我々はいつもあなたの考え方や素晴らしい作品を受け入れ、寄り添っていることを忘れないでください。

また会える日まで、花いっぱいの愛をこめて。

国際連盟(la Coordinadora Internacional)会長
Vicenta Pallarès
Creu de Sant Jordi

TOKIO RESTART

En la ciudad de Tokio del 19 al 21 de Marzo ocurrirá un hecho espectacular: En una de sus avenidas más importantes, GYOKO DORI, nacerá un jardín lleno de flores mostrando personajes del teatro tradicional japonés, diseñados por Hana Kabuki, para esta maravillosa idea: Tokyo Flower Carpet . Un proyecto de gran talento, dedicado especialmente a las personas que han sufrido la Covid, solidario, pensado y dirigido por nuestro compañero y amigo Yasuhiko Fujikawa.

Los alfombristas de la Coordinadora Internacional seguimos activos durante toda la pandemia, y nos complace mucho la actuación de gran formato que propone Yasu. Tokyo RESTART, es una invitación para salir del desánimo colectivo. Participar en estas alfombras de casi 600 metros cuadrados, será muy gratificante para los practicantes voluntarios. Además con su arte, ofrecerá a los visitantes un mensaje de paz, de belleza y de color que alegrarán sus corazones.

Las alfombras de flores que Yasu presenta en cada evento de Tokio o de las ciudades del mundo, son siempre obras de arte que manifiestan sus raíces culturales, que transmiten sus mensajes y sus sentimientos. En esta ocasión Yasu nos muestra también su faceta más humanista, solidaria y universal. Valores que compartimos con todo nuestro cariño y amistad.
Que nadie se pierda este espectáculo de diseños, de flores y de belleza.
Será un éxito Yasu, felicidades. Estamos contigo, con el corazón abierto a tus ideas y a tus magníficas obras.

Hasta pronto con un abrazo de flores.

Vicenta Pallarès, presidenta de la Coordinadora
Creu de Sant Jordi

東京花歌舞伎

開催名称 TOKYO FLOWER CARPET 2022
開催期間 2022年3月19日(土)~3月21日(月・祝) ※花絵制作は3月19日
開催会場 行幸通り 〈東京都千代田区丸の内1〉
名誉総裁 寬仁親王妃信子殿下
総合監修 藤川靖彦(花絵師/一般社団法人花絵文化協会 代表理事) PROFILE
主  催 一般社団法人花絵文化協会
共  催 株式会社インフィオラータ・アソシエイツ
助  成 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【大規模文化事業助成】
協  賛 三菱地所株式会社/株式会社花智
後  援 千代田区/イタリア大使館/Coordinadora Internacional de Entidades de Alfombristas de Arte Efimero(エフェメラルアート国際連盟)/InterFM897

400年の歴史を誇る、イタリア発祥のフラワーフェスティバル。
その起源は市民が祝うフラワーシャワーであった。
フラワーカーペットは、イエス・キリストの復活祭から60日後の最初の木曜日に行われる「聖体祭」のイベントです。この日の前後は市民が教会までの道のりを花や種子等で宗教画を描き、その上を司教達が歩きお祝いをします。「神に捧げる芸術」と呼ばれ、ヨーロッパを中心に世界各国で盛大に行われています。
起源は13世紀、通りを行く司教達を、市民が花のシャワーで祝ったのが始まりと言われています。
約400年前、サンピエトロ寺院で花絵と進化、それが芸術へと昇華し、世界中の花絵師達が腕を競い合います。
今では国際連盟も組織化され、2006年より2年に1度、世界大会が開催されています。
フラワーカーペットの最大の特徴は、作品はすべて市民の手で創られること。
そして数時間、数日後には司教達の行進により崩されます。
そのため「エフェメラル・アート=儚い命のアート」とも呼ばれ、その瞬間の美しさを求め、多くの来場者が訪れます。

フラワーカーペットは、アーティストが創るアートではありません!
“市民”参加による、“市民”が創る、“市民アート”です!
フラワーカーペットの魅力は完成した美しい花の芸術を楽しむことはもちろんですが、一般の市民が参加し、見ず知らずの人たちがチームとなり、ひとつの大きなアートを創り上げることが最大の魅力です。
自分たちが創り上げた作品に多くの見学者が訪れ、感動を与え、写真を撮られ、メディアで紹介されることで、参加者は主役になれるのです。
またフラワーカーペットの世界ではアーティストを“マエストロ” と呼びます。参加者の気持ちをひとつにまとめ、1枚の絵を創り上げていきます。参加者はマエストロの指揮のもと、力をあわせて作品を創り上げていきます。フラワーカーペットは誰もが参加できる、究極の市民アートです!

①下絵
原寸大に引き延ばした線画を、道路上に貼り付けます。

②ぺタリング
バラやカーネーションなど、色とりどりの花を花びら状にし、色ごとに仕分けます。

③花絵制作
下絵の上に花やカラーサンドを置き、原画のデザインに合わせて色をつけます。

④完成
最後に水をかけ、花を定着させたらフラワーカーペットの完成です!

「東京インフィオラータ」事務局
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤3-3-4
TEL:03-5355-0700(受付:平日10:00~17:00 土日祝祭日は休み)
FAX:03-5355-0888 / E-mail:info@tokyo-infiorata.com

※イベントは予告なく変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。